Blogメンエスブログ

立川メンズエステVIEAS運営スタッフによるメンズエステにまつわる様々な情報を発信しています。

セラピストの本音②

では早速、今回も前回に引き続き、”セラピストの本音に迫る”として、また別の角度から見ていこうと思います♪

セラピストの本音【会話編】

会話が苦手な男性としては、マッサージ中は無言でも大丈夫なのか心配な方もいるかもしれません。
実は、セラピストの本音では、無言のお客さんのことを
「別に無言でも問題ない」
「マッサージでリラックスしているのでは」と思っているようです。
つまり、無言だからといって悪印象になるわけではありません。そのため、無理に会話をしようとする必要はないようです。
会話をするのが苦手な男性は、会話について意識せず、マッサージを楽しむのがおすすめです。
逆に、よくしゃべるお客さんのことをどう思っているのかも気になります。
セラピストの本音では、
「気さくでマッサージしやすい」
「会話を楽しみたいのかな」
と思っているようです。
よくしゃべるお客さんも、悪い印象を与えているわけではないため、気にせずにセラピストと色々な会話を楽しんでみてください。
ただし、「自慢話だけはNG」という声もあるため、自慢話は厳禁となっています。これは、セラピストだけでなく、一般的な女性は思っていることです。そのため、自慢話はあまりしないようにして、セラピストとの会話を楽しみましょう。

セラピストの本音【指名編】

お気に入りのセラピストがいたら、指名する男性も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、指名されたお客さんのことをセラピストはどう思うのかです。
セラピストの本音では、
「指名してくれるのは嬉しい」
「何度も指名されると、やっぱり自信になる」
と思っているようです。やはり、セラピストとしては、指名してくれることで、選ばれたという気持ちになります。そのため、「嬉しい」「自信になる」という思いが強いようです。
お気に入りのセラピストには、喜んで欲しいものであり、指名した方が好印象を与えることができるのかもしれません。

まとめ

前回は、“セラピストの本音に迫る”として【外見編】【行動編】をご紹介いたしましたね。

今回、会話についても、無言のお客さんでもよくしゃべるお客さんでも悪印象にはなりません。そのため、会話について悩む必要はないのです。
指名については、やはり「嬉しい」「自信になる」というのが本音なので、お気に入りのセラピストには、指名した方が好印象を与えることができるかもしれません。
ぜひ、セラピストの本音を知った上で、メンズエステを思う存分堪能してみてください。

関連記事

新型コロナウイルス対策について

本日の出勤

最新の空き状況

セラピストのつぶやき

ご予約

セラピスト求人

 

男性が利用できる、国分寺マッサージ・立川マッサージ・八王子マッサージ店